フツイッター フェイスブック RSS

WEB作成からカメラ・ガジェット・PC系など雑多なブログ

CAMERA

コンパクトスライダー「Edelkrone WING」を直販で購入してみた

2018年02月28日

2018年03月07日

Pocket

動画撮影系の動画を見ているとよく流れているYOUTUBE広告でお馴染みのエーデルクローンのWingを購入しました! 「変態リグメーカー」という呼び名で知られている(?)独特なカメラ機材メーカーの製品です。

動画が気になって購入したGX7mark2ですが、カメラだけだとなめらかな動画が撮影できないんですよね。
ブレなくスムーズに移動する撮影にはジンバル、静物などの撮影にはスライダーなど別に撮影機材が必要になります。

とりあえずスライダーかなとしばらく思案していたのですが、本格的な撮影機材となるとなかなかお高いものばかり。
最初はamazonで販売されている安価なレールタイプを考えていたのですが、それなりのものだと1万円前後します。 加えて精度の不安やフリクションがなく低速度の操作がやりにくいという話。
あとはバイクの持ち運びも想定すると60cmでも大きすぎる。

そうなるとまぁ選択肢はエーデルクローンのwingのようなギアタイプしかない訳ですが、複雑で精度が求められる製品なのか類似品がないんですよね。
いや一つだけあるのですが低評価ばかりでとても手を出す気になれません…

またエーデルクローンは現在直販のみで日本では家電量販店などでも扱っていません。
輸入代理として扱っているお店ありますが当然価格が高くなります。
という事で今回始めて海外からの直販で購入してみました!

ちなみに英語はほとんど分かりませんので「ほんとに届くのかなぁ」と半信半疑でしたが、意外にもというか当然というかすんなり到着。
今回は注文から到着までの経緯をまとめてみました。

まずは公式サイトへ

エーデルクローン公式サイト エーデルクローン公式サイト

こちらがWingのページ。
以前は搭載重量の違いでWING3/WING7/WING15の3種類ありましたが、今年にラインナップが刷新されてWING/WING PROの2種類になりました。
というか軽量モデルのWING3がなくなったと言い換えて良いでしょう。

edelkrone wing

ちなみに今回購入したのは搭載荷重7.2kgのWINGです。
ミラーレスなら重い雲台やモニター・照明なんかを付けてもこれでも十分すぎますね。

まずはアカウントを登録

edelkrone wing

さて購入するにあたってアカウント登録をしなければいけないのですが、ここが一番敷居が高いところですね。
入力項目は下記のとおりです。

・First Name/Last Name

名前の入力。

例)山田 太郎
Taro Yamada

・Company

個人ならば無記入。

・TAX ID

これは0で良いようです。
参考:Yahoo知恵袋:海外のサイトから通販をしたいのですが...

・Address/Address(Line2)

市町村の手前までを日本の反対から入力

例)千葉県千葉市中央区ほげ町 1-23-4-506
1-23-4-506 hogemachi
Chuo-ku

・Zip/Postal Code

郵便番号を入力

例)260-0001
260-0001

・City

市町村を入力

例)千葉市
Chiba-shi

・Country

日本なのでjapanを選択

・State

都道府県を選択

例)千葉県
Chiba

・Home Phone/Mobile Phone

電話番号。
必須項目ではないのですが、入力する場合は国コードと先頭の0を省きます。

例)045-6789-0123
+81-45-6789-0123

例)090-1234-5678
+81-90-1234-5678

海外通販が初めてなので当然ながら英語で住所入力も初めてでしたが、ほぼ基本的な項目なので何とかなるものです。
住所・電話番号の入力は下記サイトを参考にしました。
参考:海外通販での住所の書き方|自転車パーツの海外通販情報局

カート画面

カート画面

次はカート画面です。
ここまでは日本のネット通販と同じなので特筆することもないでしょう。

商品代金と別に送料が$38かかるのが分かります。
併せて$437.99。購入時が1ドル約108円でしたので日本円でおおよそ47,300円。
後述しますがこれに加えて国内送料が2000円かかったので合計49,300円。
輸入代理店で購入すると7万オーバーなので、送料を加えても随分安くなりますね。

発送方法は通常と速達がありますが、急いでいなければ通常で。

支払い方法

支払い方法

カードも使えますがPayPalも選べます。
PayPalは手数用が4%と若干高めですが初めて利用するショップなのとカード番号が相手側に伝わらない点、また返金保証があるので今回はPayPalで支払いました。

注文完了ボタン

そして「APPLY NOW」ボタンを押して注文完了。
実はここが一番気をつけないといけない点かもしれません。
日本のネット通販だと通常確認のフローなのですが、海外ではスルッと注文完了してしまうのが一般的なようです。

かくいう自分もカートに入れて悩んでやっぱりやめる、というのをよくやるので今回も少し考えようと思ったらスルスルッと注文決定されてしまいました。
まぁ欲しかったしいいんですけど…

注文から4日で到着

到着

注文決定して間もなく、発送状況のメールが届きます。
発送されると到着日予定日が記載されたメールが届のですが、これがちょっと不思議な通知です。

メールに添付されている日付はテキストではなく画像でリンクになっているので、状況によって変化します。
ちなみに関東圏在住で今回注文したのが2月12日。翌日に届いたメールでは15日到着予定。
15日に確認した時に19日になり、そのまま翌16日に到着と表示がコロコロ変わったりでイマイチ当てになりません。

ステータスの詳細はサイトのマイアカウントで確認できます。
そちらのほうが正確な情報が分かるのでそちらを見たほうが良いでしょう。

プラスで国内輸送料がかかる

トラブルなく商品が到着しましたが、想定外だったのが国内送料が着払いで別途必要だった点。
ショップへの支払いは日本までの空輸代までで、国内の輸送にはヤマトで2000円の送料がかかりました。

空輸代も含めて送料が約6,000円もかかるとは…結構な額になりますね。
それでも国内の輸入代理店からの購入と比べると2万円も安く買えることになるのでまだリーズナブルかと思うとちょっと複雑な気分です。

やっぱり安いのは魅力

届くまではキチンと住所は書けていたか、何かトラブルがあった時に英語で対応できるのかと不安ばかりでしたが、たいして待たずすんなり届いて良かったです。
梱包は丁寧でもちろん商品も問題なし!

輸送トラブルもそうですが不良品にでもあたったらちょっと厄介になりますが、それでも国内より安く手に入るのは魅力ですよね。
加えてカメラ機材などニッチな製品は国内では手に入れにくいものも多いので、これからは海外通販にも目を向けてみるのに良いきっかけになりました。

ということでEdelkrone WINGが無事届いたので、次回ははじめてのスライダーをレビューします!

Pocket

このカテゴリで良く読まれている記事
関連記事

COMMENT